源流岩魚2

8月も終わりに近づき、今年の夏は雨の多い年と感じます。

 

この豊富な雨を得て活気になった岩魚達と戯れるため山の最奥へ。

 

車止めから直ぐの砂防堰堤。

 

この堰堤を高巻きしどんどん川を登り、大和岩魚の世界へ踏み込む。

 

釣り人が入らない上に登れば登るほど魚影が濃くなるこの川。

 

道中ルアーを垂らすと20cmほどの岩魚たちが遊んでくれる。

 

魚がいるから止められなくなり、更に登る。

水量が減り、水深が30cmも無いが岩の裏や流木の陰などのヨレに岩魚たちが居る。

小さな滝をいくつも越え、奥へ奥へ進む。

 

尺越えも上がり気分も上がり更に奥へ奥へ進む。

魚止と思われる滝、これ以上の遡行は不可能。

 

この先は未開の地、魚止ではなく人止かもしれない。

 

きっと神様が岩魚たちを守るための滝だろう。

 

岩魚たちにとって、水不足や餌不足、獣などの驚異より最大の敵は釣り人かも知れない。

 

この滝に守られる岩魚のお陰で、下流に豊富な恵みがもたらされる。

 

恵みをもたらす神様の造形に感謝の念を抱き帰路に着いた。